株式会社ギャンビットが目指すCSR
CSRの推進
当社は、2012年9月に「CSR室」を新設し、キャスティング事業を主としている株式会社ギャンビットとして、社会に対して何をしていくべきなのかを考え、社会の幸せへの貢献に真剣に取り組んでまいります。
これからも、創業精神である『社会的に信頼されるエンタテインメント文化創造のベスト企業』を目指して歩み続けます。
広く社会からの信頼に応える
私たちにとって、社会、関係企業、人と人との信頼関係こそが財産です。
この財産をもとに、法令や社会ルールを守り、人間としての品性を磨き、人格を高め、誠実かつ公正であり、人と環境に優しい企業であることを目指します。
コンプライアンス ―社会、関係企業、人から信頼を得るために―
私たちは、誠実、公正、かつ透明性の高い企業活動を展開して、社会と経済の発展に貢献していかなければならない社会的責任を負っています。
法令違反をしないなどの「守り」のみにとらわれず、適切な対応、情報開示に当たる「攻め」の側面にまで踏み込んで、全社員が高い倫理観を共有し、その重要性を十分理解して日々実践していきます。
行動方針
社員一人ひとりが、高い志を持ち、法令や社会ルールを守ることで人間としての品性を磨き、人格を高めます。そして、人として、企業として、社会から信頼され尊敬されるよう努めます。
(1)思いやりの心を持つ
私たちは、相手を思いやる気持ちを忘れません。
相手に対して一歩譲る謙虚な気持ちを持って行動します。
(2)小さなことにも感謝する
小さなことにも感謝する気持ちを忘れません。
感動できる人は人を幸せにします。感謝の心は誠の働きを生み出すものであり、感謝に勝る能力はありません。私たちは小さな ことにも感謝できる感性を持ち、豊かな人間になるよう努めます。
(3)チャレンジ精神を持つ
チャレンジ精神を持つことを忘れません。
問題点に気づけば自ら問題解決にあたり、常に現状に満足せず、企業の発展と成長のために率先して業務の革新を図ります。
私たちは、環境の変化はチャンスと捉え、新しいこと、困難なことに積極的にチャレンジしていきます。