社長久保忠佳 Gambit アメーバ宣言
キャスティングはいわゆるコミュニケーション戦略からいえば大変狭い領域テリトリーにすぎません。然しながら一旦このテリトリーでの事あれば企業をひっくり返す、社会価値観をひっくり返すほどの爆発的破壊力を有するものであるのも確かなことであります。
「小なりといえども武士の家、城と心得ます」と司馬遼太郎が作品の中で語っています。私はそういった意識を持ち続けています。領域としては大変小さいのですが大革命を引き起こす力のある存在なのです。

キャスティングは人の力をどう活かしていくかを問われます。デジタル化し続けるマーケティングの世界において、時には人間力を重要視するアナログを貫き通します。
たとえば Gambitはプロデューサーの育成に長い時間を掛けます。それぞれが両刃の剣ともいうべく自身と相手の双方に切り込む、その切れ味が達人の域に達するよう育てます。それゆえ主張が正しければ、ある時はクライアントと、あるいは広告会社と意見が対立することさえ厭いません。プロデューサーの個性を信じ、思い切った決断に基づく行動をサポートします。人間を大事にするということです。
それは言葉だけのものではありません。裏付けがあります。Gambit創立時より蓄積してきた50万件にも及ぶ、これも人間力とITのコラボレーションで築き上げたデータベースが背後にあるからです。さらには、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・i-mediaのみならず音楽界、映画界との踏み込んだ関係、人間関係の構築、それが生み出す信頼関係があるからなのです。

Gambitは「社会的に信頼されるベスト企業を目指して」歩み続けます。必要とあれば既存の領域からはみ出すことも恐れません。人の信頼の絆が仕事の幅を拡げていく。Gambitは人から発信し人に拘りながら、それゆえ多種多様なアンテナを張り巡らし、アメーバのように自由自在な企業として皆様とこれからも繋がっていきたいと存じます。

代表取締役社長 久保 忠佳

代表取締役社長 久保 忠佳